みんなの肌潤糖 使い方

みんなの肌潤糖の効果を最大限に引き出す使い方

みんなの肌潤糖は敏感肌やアトピーの方に人気がありますが、やはり効果には個人差があるので、どうしても肌に合わないという方もいるようです。

 

しかし、みんなの肌潤糖を購入した方で、「肌に合わないので使うのをやめようかな?」「もっと肌の状態が良くならないかな?」とお悩みの方は、これからご紹介するみんなの肌潤糖の効果を最大限に引き出す使い方を試してみてください。

 

ここで紹介する適切な使い方をマスターして乾燥肌やアトピーを改善してください。

 

みんなの肌潤糖の使い方

  1. 無添加の石鹸などをしっかり泡立てて、優しく洗顔します。洗顔が終わったら水気を拭き取らず、必ず濡れたままにしておきます。
  2. 付属のスプーンでみんなの肌潤糖1杯分を手に取り、スプーン1杯分の水を加えて、好みの粒感が残る程度にペースト状にします。炎症がある方は、完全に液体すると刺激が少なくて済みます。
  3. 肌を濡らして、軽くマッサージをするようになじませます。強くこすりつけないように、ゆっくりなじませて、粒感がなくなるくらいまで溶かします。
  4. 1〜2分間、角質層までしっかりと肌に浸透させます。ここですぐに洗い流してしまうと効果が半減するので注意してください。
  5. ぬるま湯で3〜4回すすぎます。洗いすぎると保湿成分まで流れてしまうので、洗いすぎない程度に軽く流すようにします。熱いお湯は必要な油分まで落としてしまうので、必ずぬるま湯を使います。
  6. 化粧水や乳液などの保湿ケア用品で肌を保湿します。これでうるおいのある肌に整えられます。

 

敏感肌やアトピーの方が入浴後にケアする場合は、かきむしらないよう注意してください。

 

お風呂上がりは痒くなくても血行が良くなるので、ついうっかりかいてしまう方が多いようです。

 

そうすると、みんなの肌潤糖の保湿成分がはがれてしまうので、肌荒れの原因がみんなの肌潤糖なのか、掻きむしりなのか分からなくなってしまいます。

 

ですので、しっかり肌潤糖の効果が実感できるまでは、できるだけ掻きむしらないよう注意してください。

 

適切な使い方で効果を最大限に引き出す

 

しっかり肌潤糖は、使い方が少し複雑に感じるかもしれません。

 

それが原因で使うのを躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、慣れてしまえばそんなに手間はかからないので、慣れるまでは説明書を読んだりしながら、ゆっくり丁寧に続けていきましょう。

 

使い方次第で、効果の度合いは大きく変わってきます。

 

上記の適切な使い方でかゆみを改善し、うるおいのある美肌を目指しましょう。